日本の運転免許証でニュージーランドの運転免許証を取得する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 544

ニュージーランドの運転免許証

ニュージーランドで自動車を運転する場合、日本の国際免許証、または、ニュージーランドの交通局の認定機関の日本免許証の英訳があれば運転することが出来ます。

しかし、これらの免許証で運転できるのは、ニュージーランドに入国してから12カ月間までで、それ以降はニュージーランドの運転免許証が必要になります。

実は、有効な日本の運転免許証があればニュージーランドの運転免許証に変換することできます。

”変換”という言葉を使っていますが、日本の運転免許証がなくなるわけではありません。

今回の記事は、日本の運転免許証を使ってニュージーランドの運転免許証を取得する方法について説明します。

スポンサーリンク

日本の運転免許証でNZの運転免許証を入手する方法

以下の情報は、ニュージーランド交通局のウェブサイトをもとに説明しています。

元のウェブサイトは以下からアクセスできます。

Converting to a New Zealand driver licence | NZ Transport Agency

以下で説明している必要な書類等を提出すると、通常10年間のニュージーランドの運転免許証を入手することができます。

ニュージーランドの運転免許証は、身分証明書にもなるので、お酒・たばこを購入するときや、その他、年齢の証明が必要な時に使用することができます。

申請に必要なもの

日本の運転免許証を使ってニュージーランドの運転免許証を取得する場合に必要なものは以下です。

  • 日本の有効な運転免許証
  • 日本の運転免許証の英訳
  • 申し込み用紙
  • 身分証明書
  • 視力の証明
  • 健康診断書(必要な場合のみ)
  • 運転免許証用写真・サイン
  • 申請手数料
  • 各種必要書類の複写
  • ニュージーランドの運転免許証実技試験合格・試験料(日本の運転免許証を2年以上保持していない場合等)

日本の有効な運転免許証

有効な運転免許証とは、運転免許証の発行国で有効であり、また、免許停止・取消し等になっていない免許証のことです。

つまり、有効期限が切れている場合や、日本で免許停止・取り消しになっている場合は有効な運転免許証ではありません。

また、ニュージーランドの免許証の申し込み時点で日本の運転免許証の有効期限は12ヵ月以上ある必要があります。

日本の運転免許証の英訳

英語で表記されていない運転免許証はニュージーランド交通局が認める翻訳機関での英訳が必要となります。

ニュージーランド交通局が認める翻訳機関について詳しくは以下のページを参考にしてください。

Approved translators | NZ Transport Agency

日本の運転免許証の英訳の場合は、ニュージーランドの日本領事館で入手することができます。

運転免許証の翻訳には$28の手数料がかかります。

詳しくは、在オークランド 日本領事館のウェブサイトを参考してください。

申し込み用紙

申し込み用紙は、ニュージーランド交通局のウェブサイトからダウンロードできます。

2018年2月現在の申し込み用紙:Application for conversion of an overseas driver licence

また、免許の申請を受け付けている場所でも用意されているはずです。

身分証明書

パスポートなどの身分証明書が必要です。

視力検査の証明

ニュージーランドの運転免許証の申請の際に申請受付機関で視力をチェックされます(別途料金不要)、そこで合格すれば問題ありません。

もし、英語の有効な視力検査の結果があればそれを提出することもできます。

健康診断書(必要な場合のみ)

もしも運転に影響を及ぼしかねない持病を抱えている場合や、特別な運転免許証の取得を申請する場合などは、ニュージーランドでの医師からの証明書が必要です。

詳しくは以下のページをご覧ください。

Medical requirements | NZ Transport Agency

特に持病がなく、ニュージーランドの普通自動車運転免許の申請であれば、健康診断書は必要ありません。

運転免許証用写真・サイン

運転免許証に必要な写真は、運転免許証の申請受付機関で撮られます。また、サインも申請の際に記載します。

申請手数料

申し込みに必要な料金は$52.10(2018年2月現在)です。

各種必要書類の複写

各必要書類や証明書の高画質のカラーコピーした物が必要です。

申請時には、オリジナル(複写元)も持って行った方がいいです。

ニュージーランドの運転免許証 実技試験合格・試験料

日本の運転免許証を取得して2年以上の場合、また、ニュージーランドの普通自動車・自動二輪車の運転免許証を取得しようとしている場合、学課・実技試験は不要です。

しかし、日本の運転免許証を取得して2年以内の場合、また、ニュージーランドの普通自動車・自動二輪車の運転免許証を取得しようとしている場合、ニュージーランドの運転免許の実技試験を受ける必要があります。

また、ニュージーランドのトラックの運転免許証を取得しようとしている場合は、日本での免許所持年数に関わらず学課試験を受ける必要があります。

もし、日本の運転免許証を取得して2年以内の場合は実技試験も必須です。

もしも、所持している運転免許証に最初に免許を取得した日が書かれていない場合、2年間以上日本の運転免許証を持っていることを証明するためには運転免許経歴証明書という書類を入手する必要があります。

この書類は、日本の住民票がある地域の運転免許試験場で入手することができます。

申請受付機関

海外免許からニュージーランドの運転免許証への書き換えは専用の受付機関で申し込みが必要です。

ニュージーランドの各地域の受付機関は以下のページから検索してください。

Where to go for an overseas conversion | NZ Transport Agency

最後に

以上、日本の運転免許証からニュージーランドの運転免許証への書き換えについて説明しました。

特別必要なものは英語の翻訳くらいなので、書類がそろったら提出するだけです。

ニュージーランドの運転免許証は一度取れてしまうと、通常10年間は有効ですし、有効期限が切れた場合は更新するだけなので簡単です。

身分証明書にも使えるので、できるだけ早めにとってしまいましょう!

それでは。

ニュージーランドのレンタカーはバジェットで決まり!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク