海外で国際結婚 子供を持たないという選択について考えること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 456

国際結婚 子供のいない夫婦

こんばんは、火曜日なので自由テーマの日です。

今日も、海外生活エッセイという事で思ったことを書き綴って行きたいと思いますので、どうぞお付き合いください。

今日のテーマは海外で子供を持たないという選択についてです。

スポンサーリンク

海外で結婚 子供を持たないという選択

私は高校生の頃、これと言って特別やりたいことや、なりたい職業はありませんでした。

将来は就職して、結婚して、出産するような人生を送るのだと思っていました。

友達の間でも私が一番先に結婚しそうだと話していたくらい、結婚という選択は普通にすぐ訪れるものだと思っていました。

しかし、短期大学卒業後に編入した4大で出会った人達、スキューバダイビングサークルに感化され、海外にワーキングホリデーに行くことにしました。

オーストラリアとニュージーランドを合わせた海外生活の年数はもうすぐ14年になります。

もちろん、オーストラリアへワーホリに行った頃は、私の現在の生活は想像もしていませんでした。

現在は、ニュージーランドで会計士として就職し、ニュージーランド人のパートナーと7年程一緒に住んでいます。

婚約指輪はもらいましたが、結婚するという予定は今のところありません。

結婚しないと決めたわけではなく、特にしても、しなくても変わらないのでどちらでもいい感じです。

私たちの間には子供はいません。

私は現在30代半ばです。彼は私より20歳以上年上です。

私たちは今まで子供を持とうと思ったことはありません。

私はまだまだ勉強もしたいし、自分でビジネスを始めたいと思っています。

また、残された2人の時間を大事にしたいとも思います。

贅沢もできるし、時間があれば旅行もできる。

子供がいないカップルの場合、時間もお金も自分たちのために使う事が出来るのです。

私は30代半ばなので、まだ数年は迷う時間があるのではないかと思っています。

しかし、もちろん、子供をほしいと思った時には、時すでに遅し、という事になっていないとも限らないのはわかっています。

海外に住んでいて、子供を持たないという選択を取るという事はどういうことか考えてみました。

子供を持たないという事は、パートナーと私はずっと2人で支え合って行くことになります。

しかし、パートナーが突然いなくなった時、私の一番の理解者の1人がいなくなってしまう事になります。

そうなると、私はそれまで感じたことのない孤独を味わう事になります。

たった1人のニュージーランドの家族を失くすことです。

もちろん、日本には日本の家族がいますが、別々の国に暮らしているのでいつもそばにいられるわけではありません。

日本だと、子供が親の老後の世話をするという風習があります。

ニュージーランドの場合は、親も子供も自立しているので、年を取っても自分で生活をしたり、老後施設に自ら入居する人が多いです。

もし子どもを持たなかった場合、私を訪ねてくる身内はほどんどいないという事になります。

また、何かあっても頼れる身内は近くにいないという事になります。

さらには、最後を看取ってくれる人がいないかもしれない状況もありうるということです。

海外で自分の子供を育てるという事は、自分の子孫を海外のこの地に残すという事です。

海外で自分の子孫を残すという事は、自分がここで生きてきた証になります。

また、自分の子どもたちが、日本の家族ともつながり、自分がこの世にいなくなった後もその繋がりを残していってくれることになると思います。

もちろん、これだけの理由で子どもを産むという事は自己中心的ですが、日本とニュージーランドの繋がりを残すためには、子どもは大切な役割を果たしてくれると思います。

実は今までこうやって、海外在住で子供を持たないという選択と真剣に向き合ったことはありませんでした。

しかし、やはり真剣に考えると、子供を産めるかもしれないのに産まないという選択は正しい選択なのかわからなくなります。

(もちろん、子供を授かりたいのに授かれない方々からすると、産めるなら産むべきと思うでしょう)

一番心配なのは、やはり将来1人になったら・・という事です。

もちろん何十年も先の事ですが、子供を産めるタイムリミットが迫っているので早めの決断が必要です。

以上、海外で結婚し、子供を持たないという選択について思う事を書きました。

最後までお付き合いありがとうございます。

それでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク